長崎しにせ会

 

長崎くんち(10月7日・8日・9日)

「長崎くんち」は長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭で、毎年10月7日から3日間、長崎の町を挙げて催されます。
寛永11年(1634年)に、当時の太夫町(後に丸山町と寄合町に移る)の二人の遊女、高尾と音羽の両人が、諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。
 

更に詳しく >>

第六回
来年・平成29年(2017)は坂本龍馬没150年

 幕末の英雄・坂本龍馬が京都で暗殺されたのは、慶応3年(1867)11月15日のこと、したがって、来年・平成29年(2017)は、没150年、最後に長崎を離れてからも150年である。思えば、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」が放映されて、長崎、高知をはじめ全国が「龍馬ブーム」に沸いた平成22年(2010)から早や6年が経過した。そこで、あらためて、長崎市内の龍馬の足跡を想い返してみよう。

更に詳しく >>

 
   
小野原本店
小野原家は佐賀県鹿島の出身。
初代甚右衛門が長崎に出て、木下町でカツオ船主体の漁業と海産物商を創業したのが安政六年(1859)安政開国の年です。
二代目善蔵は初代を受け継ぎ、安政から昭和の時代まで長く小野原家を繁栄させました。
そしてカツオ漁もやめ、海産物主体の事業に専念します。
 

小野原本店のページ >>